最近は、春夏だけではなくオールシーズン肌見せファッションが流行しています。
そんな時、なんと言っても気になるのが背中のニキビ跡。
自分ではなかなか目の届きにくい背中のニキビ跡は、どうやってケアすれば良いのでしょうか?


背中ニキビ跡のケアはまず予防から!


背中ニキビ跡を改善したいと思う時、大切なことが2つあります。

  1. 背中ニキビの根本的な原因を見直し、予防につとめる。
  2. 予防を万全に行った上で、できてしまった背中ニキビ跡をしっかりケアする。

すでにできてしまった背中ニキビを何とかできればそれで良い、と思う人も多いようですが、
原因が改善しない限り、背中ニキビが再発してしまう可能性があります。
まずは、正しい予防方法をマスターするところから始めましょう。


背中ニキビの予防方法


  1. お肌を清潔に保つ
    これは、背中ニキビに限らず、ニキビ全般においてケアの大前提となることです。
    ニキビは毛穴に余計な皮脂や汚れがつまり、そこにアクネ菌が繁殖することで発生します。
    毎日お風呂に入り、お肌の清潔を保ちましょう。
    また、「背中に残ったシャンプーやボディソープのすすぎ不足による肌荒れ」も、背中ニキビの原因に。
    体を洗うだけでなく、しっかりとすすぐことも大事です。
    ちなみに、皮脂を落とそうと、ゴシゴシお肌をこするのは禁物です。
    洗いすぎると本来お肌に必要な皮脂が奪われたり、肌ダメージとなって、かえって刺激によるニキビができてしまうことも。
    柔らかいナイロンタオルや、素手でのボディ洗いを心がけるといいですね。


  2. 生活を見直す
    不規則な食生活や、睡眠不足もニキビの原因となります。
    しっかりケアしているはずなのにニキビが治らないという人は、生活面を見直しましょう。
    また、寝具や衣服をこまめに取り替え、皮脂や汚れを防ぐのも大切です。



できてしまった背中ニキビ跡を治す


背中ニキビの予防方法をしっかりマスターしたら、今度はいよいよニキビ跡を治す番です!
にきび跡の治療には、主に3つの方法があります。

  1. 毎日のホームケア
    ニキビケア専門の基礎化粧品を用い、お肌の再生サイクルを促してニキビ跡を目立たなくする方法です。
    毎日継続的に続けるとかなりの効果があります。
    美容外科などでケアする場合も、セルフケアの有無が結果に大きく左右するので、ぜひチャレンジして見てください。


  2. 美容外科・エステでの専門的なケア
    美容外科やエステでは、本格的なニキビ跡ケアが可能です。
    古くなったお肌の角質や皮脂を化学薬品の力で除去し、ニキビ跡を目立たなくする「ケミカルピーリング」や、
    フラッシュ光をお肌に当ててアクネ菌を死滅させ、ニキビを根本から治す「フォトフェイシャル」など、様々な方法があります。
    美容外科では、抗菌作用の高い専門のお薬が処方されることもあります。
    いずれの場合も、医師や施術者によく相談し、自分のケースや肌質にそった方法を選びましょう。


  3. 体質改善を視野に入れたケア
    ホルモンバランス治療や冷え取り、漢方などの方法でニキビの原因を根本から解決するケアです。
    結果はすぐにはでませんが、根本的な問題を解決することで、体調そのものが良くなるというメリットもあります。
    背中ニキビ跡を完璧に治したい人は、外側からのケアとあわせて検討してみてはいかがでしょうか。







更新履歴