●ニキビ跡になってしまってからのケア
ニキビは酷くなると跡になってしまう危険性が高く、炎症や傷、色素沈着によるシミになってしまいます。
そしてどんどん悪化した挙句にはクレーターとなり、まるでみかんの皮の様にデコボコになったりもします。
いぢどそうなった肌を自力で元に戻すには大変な時間とケアが必要になります。
人によってニキビ跡はすぐに治る人とそうでない人がいます。
ニキビ跡のクレーターが治るメカニズムは、
硬くなった角層を剥ぎ落とすことで、肌のターンオーバーが正常に行われているかによります。
これが乱れている人だといつまで経ってもニキビ跡が無くなる事はありません。
一般的に酷いニキビ跡は皮膚科に行って治療しないと改善できないと思われがちですが実はそうでもありません。
しっかりと正しいスキンケアをする事で自分でもニキビ跡の悩みを解消する事は可能なのです。

ニキビは大きく分けて
@赤みが残るタイプ
A色素沈着タイプ
Bクレータータイプ
の3種類がありそれぞれの症状によって改善方法も違ってきます。

@とAはセルフケアで十分にニキビ跡を薄くする事が可能だといわれています。
ビタミンc配合の化粧水や美容液を続けて使えば皮脂や炎症を抑えることができ、
またビタミンC誘導体を含む化粧水を使えばさらに効果的です。

Bのクレータータイプについては、
かなりの時間がかかり改善は困難だと考えられるため皮膚科などへ行く事をおすすめします。
医療機関は治療費がかかりますが、
治らないといわれていた重い症状でも最新の技術で失敗のリスクも少なく改善できるから安心です。
またクレーターが軽度であれば、ピーリングでも意外に効果を発揮する場合があるそうです。

ニキビ跡になってからのケアも様々。
気づくと増え続けているニキビ、特に思春期には鏡を見るたびに驚かされる人も多いでしょう。
跡になってしまったら、その後にはきちんとした対策をしなくてはなりません。
洗顔や保湿、サプリの他に生活習慣、食生活も関係してきます。
一度に全部を完璧にやるのは無理でしょうから、できるところから少しずつでもチャレンジしてみてください。
意外とひとつの改善方法で見違えるほどよくなる事もありますので、
そうなるとこれからのモチベーションにもなりますね。
要は肌本来の働きを元通りにすることが大切です。
それには体全体の健康をまず考えるということも視野に入れましょう。
健康のためにはストレスも大敵ですし、特に睡眠不足などは要注意ですね!


体ニキビ跡を気にしないで水着を着たい

私が長年の間、悩んでいたのが肩ニキビ。
20歳を超えた頃から気になりだし2,3年の間完全には治りませんでした。
夏になると友達や彼氏と海や山へでかける機会が多かったですが、いつも憂鬱で気になっていました。
自分が思っているほど回りからは言われたりしませんでしたが、やっぱり年頃の女の子には辛い悩みでしたね。
市販のニキビ用の薬も何度か試しましたが効果なし。
少し良くなってきたかな…?と思うとまたすぐに別の場所にニキビができているんですよね。
自分で言うのも何ですが、手足や他の部分では周りの子に比べ肌はキレイなほうだと思っています。
それだけに肩にでき続けたにきびは憎かった訳ですね!
それでもある時に、インターネットの口コミサイトで見つけた商品を試して続けた結果、改善する事に成功!!
ニキビ跡も残る事なく、現在はすごくきれいでつるつるになりました。
夏は背中や肩の露出が多くなるので、キレイな肌でいたいもの。
おかげで今では水着も自信をもって着れるし夏が楽しみです。


ニキビ跡を消すには冬がいい?

夏は紫外線も強く汗を多量にかくので不衛生になり、ぶつぶつしたニキビによる肌トラブルも多くなると考えられます。
では逆に冬はどうでしょう?
冬は冬で乾燥によるニキビの悪化、という事も考えられるそうで、
乾燥肌は意外にニキビの原因の中でも大きな割合を占めているそうです。
ニキビを治す方法として季節を考えると夏よりも冬がいいのでは…?と考える人も多いようですが、
一概にそうとはいえません。
結果的に季節を問わずニキビやニキビ跡が簡単に消える方法なんてありません。
しっかりと治すには年中通してきちんとしたケアが必要です。


結婚式までに背中ニキビ跡を消してウェディングドレスを着よう

大事な結婚式を迎える予定がついた女性にとって背中や肩のニキビ跡は大敵といえますね。
せっかくのウェディングドレスも肌がきれいでないと台無しに!という場合があります。
披露宴などでは意外と花嫁さんの背中や腕など露出した部位は見られていたり、
ちょっとのシミやムダ毛なんか、本当に気になるものです。
私の場合ですが、ブライダルでのドレスは、背中が大きく露出されたものを着こなす女性に強い魅力を感じるんですよね。
背中が汚い女性…と感じてしまうとそれだけでマイナス効果で、
いくら顔が可愛くても、スタイルがよくてもイメージがよくありません。
その他気になるのは首から胸にかけてのデコルテ部分。
特に男性の視線が集中しそうな胸元 胸元もしっかりとケアして美肌を目指しましょう。